ひろっきーの思考 Hirokky’s thoughts are here.

英語、ビジネス、アイディア、自然、インテリア、アート、日本文化など今まで知り得た無駄な知見から思うこといろいろ。実験的に。思うがままに。I’ll experimentally write a blog about English language learning, Business, Idea, Nature, Interior deco, Art, Japanese culture.

ひろっきーの思考 Hirokky’s thoughts are here.

家具インテリア販売の極意3(前回の回答) "There’s some good ways to make customer’s life better by home furnishings.-An answer to previous article-"

Hello to all about tens of millions of fans all over the world!
It’s Hirokky. How’s your day?

家具インテリア販売について、今までやってきた事をシリーズで書いています。

www.hirokky.com

 

Q(前回の質問):
お店に来て頂いたお客様、Webサイトに来て頂いたお客様に、普段何を聞いていますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A: 「そこではどういう時間を過ごしたいと思っていますか?」と聞く。

 

【解説】
以前の極意1で解説している通り、お客様は家での時間の質を高めたい目的でご来店されているので、それに関係ある質問をしていけばいいです。

www.hirokky.com

お客様がそこでリラックスしたいと思っているなら、それを解決できる家具やインテリアをお伝えします。

ポイントは、

こちらから聞きに行くのではなく、お客様が質問したいなと思った時に聞いてあげるというタイミングです。それまでは気にしながらも我慢です。

但し、お客様が本当はそう思っていない場合もあります。自分の気持ちと言動が異なる場合があります。

家の中で過ごす時のイメージや気持ちをまだ決めていなかったり、引越し前で部屋を詳しく見ていなかったり、その部屋でどう過ごすかまでシミュレーションできていない場合があるのです。

その時は、お客様がどのような時間を過ごしたいかを一緒に考えてあげます。

例えばこのような質問を投げかけます。

・朝起きたら何をして過ごしていますか?
・仕事は何をしているんですか?
・帰宅したらまず何をしますか?
・夕食後、リビングではどう過ごしてますか?
・睡眠時間はどれぐらいですか?
・お休みの日は、午前中は何をやることが多いですか?午後はどう過ごしていますか?

などを質問します。

そうすると、お客様はだんだんと生活のイメージが掴めるようになります。お客様が心地いい時間を過ごす時に、側に合ったらいいと思う家具やインテリアをお伝えします。

そして、その日は売りません。

お客様とは次回のご来店日時を決めるだけです。

お客様のご要望でその日に売ってしまってもいいのですが、お客様の満足度はさほど高くないままで販売することになるので、お客様にとっても、販売側にとっても、あまりいい結果には繋がりません。

これに関しては、またの機会に解説します。

 

それでは、またです。
Well then, till next time.
Let there be prosperity.