ひろっきーの思考 Hirokky’s thoughts are here.

英語学習、ビジネス、映画、インテリア、アート、日本文化など今まで知り得た無駄な知験から思うこといろいろ。実験的に。English learning, Business, Movies, Interior deco, Art, Japanese culture

ひろっきーの思考 Hirokky’s thoughts are here.

普段の思考の置き所をどうするか? "How should we build up our mode of thinking to live in peace?"

f:id:hiroking1:20200907141055j:plain

 

HI, it's Hirokky.

How's your day?

 

自分は普段どんなことを考えて生きているんだろう?

普段の思考の置き所はどこなんだろう?

 

と客観的に自分を観る機会が、最近やたら多くなってきました。

 

一つは、朝の習慣にし始めた「沈魂」(日本版の瞑想のようなもの)の時。

次に、自分の感情が動いた時に自分を俯瞰する時。

そして、衝動的に怒りを感じた際の自分の感情認識の時。

 

結果として、その時々の自分の感情を瞬間的に観て、「今の自分の思考はこうなっているんだな。」と認識するので、割とすぐに冷静になれるのですが、ちょっと待てよ、この手法は何か書いておいた方がいいんじゃないか?と衝動的に思って、今日はそんな話です。

 

 

 

 

今まで自分が経験して味わってきた様々な知験や環境などから、「このように思考した方がいいだろう」と自分でスイッチを押して、そうなっている。それが結論なのですが、では、なぜそのような決定をするかというと、“心穏やかにいつもありたい”からです。

 

可能な限り公を意識した方がいいとは思いつつ、穏やかにとは思いつつ、とは言ってもそこは人間なので、時折、怒りに身を任せてみることや、ブラックなことも大切と思っています。

 

いずれの感情も全て大切だと思っているので、いい悪いはなく、どっちも正解という感覚。

 

ただし、きちんと怒った時には、とっても優しくなります。反動というか、なんというか、その方が愉しいから。

 

そしてブラックになった時には、ライトになります。

 

 

 

 

「我慢せずに今日も生きるのだ。」

という話でした。

 

Well, till next time. Let there be prosperity.