ひろっきーの一考 A thought by Hirokky

学習 (learning)・アイディア (idea)・ライフスタイル (lifestyle)・旦那道 (Danna-do)・映画 (movie)・インテリア (interior decor)・アート (art) ・日本文化 (Japanese culture)など、今まで知り得た無駄な知験から思うこといろいろ。実験的に。

英語を学ぶ時のノートと筆記具の選び方 "What is the best notebook and writing supplies to learn English?"

f:id:hiroking1:20190218212734j:plain

 

Hello! This is Hirocky.

How're you doing today?

 

実は、英語学習において、形から入るというのはとっても大切だと僕は思っています。

 

中でも、「ノートと筆記具を何にするか?」は学習を始める際には重要で、この選択を間違えると学習効率が大幅に落ちます。

 

近年はEラーニングが流行っているので、スマフォやPC動画で学習できる便利な時代になりましたが、言語学習の場合は、やはり手で書くという手段を使った方が覚えやすく、記憶しやすい傾向にあります。

 

では何を選んだらいいのか?

 

ノートですが、基本的には毎日開くものです。その時に、自分の気持ちが高揚したり、モチベーションが上がったり、楽しい気分になるデザインのものを選びます。

 

サイズはB5かA4。あまり小さいと書きづらく、文字も小さくなるので使いづらいです。

 

高品質な紙のノートもおすすめです。きちんと書こうという気持ちになります。

 

また、ノートは同じものを2冊目、3冊目と使っていくのがいいので、最初からまとめ買いしておくのもいいです。

 

次に筆記具ですが、

 

できれば選んでほしくないのがボールペンです。

 

言語学習にいいのは鉛筆か万年筆。もしくは細い筆ペンです。

 

これらの筆記具は書く時に微妙に毎回角度調整をして文字を書くことになります。指先の感覚調整の動作が脳へのいい刺激となり、学習の相乗効果になります。

 

ちなみに筆記具には階級があって、筆→万年筆→ペン→ボールペンです。手紙を書く時、例えばお世話になった方には基本的には筆か万年筆で書くのがいいです。

 

これで気持ちよく英語学習スタートです。

 

それでは、またです。

弥栄

 

Well, till next time.

Let there be prosperity!