ひろっきーの一考 A thought by Hirokky

学習 (learning)・アイディア (idea)・ライフスタイル (lifestyle)・旦那道 (Danna-do)・映画 (movie)・インテリア (interior decor)・アート (art) ・日本文化 (Japanese culture)など、今まで知り得た無駄な知験から思うこといろいろ。実験的に。

どうしたら自らの力で成長できるのか?(他言語能力の成長) "How can we self-improve ourselves? (About learning another language)"

f:id:hiroking1:20190121141526j:plain

 

Hello, this is Hirocky. How do you do today?

こんにちは、ひろっきーです。

 

今回のテーマは「成長」について。

主に他言語能力を手に入れる視点で、自分の力でどうやって自分を成長させるのか?について書いてみます。

 

英語学習はその過程で “自ら成長させる力” が必要となるので、「自己成長」は常日頃、僕が考えているテーマの一つです。

 

この自己成長のテーマに関わるものとして、サミュエル・スマイルズ(Samuel Smiles / 1812年〜1904年 / イギリス作家・医者)の「自助論(Self-Help)1858年発刊」があります。彼が46歳の時に書いています。マジか。。

 

その後、英国に留学した文学博士の中村正直が、1871年に「西国立志編」として邦訳し、日本で出版されました。近年、この「自助論」に関するいろいろな本も出ています。

 

スマイルズは「自助論」の中で、“ 自分で自分を助けようとする精神こそ、その人間をいつまでも励まし、元気づける。 ” と言っています。

 

 「自己成長は人間にとっていいものだよ。」という事ですね。

 

一方でウィキペディア(Wikipedia)を見ると、「セルフヘルプ(英: self-help)、自助(じじょ)とは、専門家の助けを借りず、自身の問題を当事者で解決することである。」と書いてあります。(2019年1月21日現在)

 

実際は、最初は適切に専門家の助けを借りた方が、圧倒的に早く達成できます。専門家の助けを得て全体理解をした後は、次第に自分で工夫しながら自己成長させていく。

 

これが一番、自分自身にとって満足度が高く、楽しく、圧倒的な結果をもたらすと考えています。

 

「自助論」序文中の格言で “天は自らを助くる者を助く”(Heaven helps those who help themselves. )という有名な文章がありますが、結局、「天」は自分の事だと理解できます。

 

 

さて、

 

 

ではどうしたら、自らの力で成長できるのか?

英語学習に当てはめると、どうしたら自らの力で英語を話せるようになるのか?

 

言語習得で最も大切な要素は「継続」。

つまり、習慣化です。

 

“学習の習慣化を自分でできるようにする。”

 

これがスタートです。

 

 

 

続きはまた。

弥栄

Well then, to be continued sometime.

Let there be prosperity!