ひろっきーの一考 A thought by Hirokky

アイディア・学習・ライフスタイル・旦那道・映画・インテリア・アートなど、今まで知り得た無駄な知験から思うこといろいろ。実験的に。

英語学習と運動の関係 “A relationship between learning English and exercise”

f:id:hiroking1:20181126144402j:image

 

こんにちは、ひろっきーです。

 

英語学習をビジネスにし始めてから5年が経過しました。まだスケールすることは考えていないので口コミでこっそりやっています。

 

僕自身も英語は苦手でした。

たまたま社会人初めに、海外のお客様にインテリアを接客販売するという機会があり、その時にがっつり鍛えられました。

 

その後、海外旅行は一人で行くことにしたり、英会話スクールに通ったりして、少しずつ英語に対しての苦手意識が和らいできた。そんなレベルでした。

 

当時、仕事でお付き合いさせて頂いていた顧客の数名から「英語が苦手でなんとかしたいけど続かないんだよね。」とご相談を受けたので、そこから言語理論を勉強して、情報収集して、カリキュラムを開発。

 

実際に顧客に教え始めたら、英語を話せるようになったのでビジネスにしました。

 

 

前おき長くなりました^^;

 

いつも言語学習の事を考えていると、世界中からいろいろな情報が入ってきます。

その中でも、自分が実際にやってみて再現性があるものがストックされていきます。

 

英語学習は机に向かって覚えるだけではうまく行きません。

運動する事も大切です。

 

声に出す。書く。といった小さな運動から、ランニングやスクワットなどのフィジカルトレーニングまで。学習に有効な運動がいろいろあります。

 

英語学習の目的は、外国人とコミニュケーションをよりよく取ることなので、英会話の能力を上げる為の学習が最も大切です。

 

英会話は "運動" なので、それに慣れることが必要です。

 

部屋を歩きながら、覚えた英語を言ってみる。身振り手振りも入れて言う。

机に向かうのが飽きたらそうしてみるといいです。

 

また、朝30分程のランニングは記憶力を高める効果があります。健康的な生活にも繋がりますから一石二鳥です。毎日の習慣におすすめです。

 

 

それでは、またです^_^