ひろっきーの一考 A thought by Hirokky

学習 (learning)・アイディア (idea)・ライフスタイル (lifestyle)・旦那道 (Danna-do)・映画 (movie)・インテリア (interior decor)・アート (art) ・日本文化 (Japanese culture)など、今まで知り得た無駄な知験から思うこといろいろ。実験的に。

教えることって何? "What's the essence of teaching languages?"

f:id:hiroking1:20190218223107j:plain

 

Hello! This is Hirocky.

How're you doing today?

 

英語を経営者に教えていて、ふと思ったことがありました。

 

人に教えるってつまり何だろう?

教えることの本質は?

 

商品をセールスする時にも、そこには「教える」という要素が発生しています。商品説明をして顧客によりよく使ってもらえるように「教える」。

 

スタッフの指導やリーダー育成にも「教える」ことは必須になります。チームを良い方向に導くために「教える」というように。

 

あらゆるところで発生している「教える」ですが、その先にあるものが何なのかを考える必要があると思っています。

 

それは、

 

自分の思う通りに動いてほしいために「教える」のか?

 

という事。

 

これは子育てや部下の育成にも言える事なのですが、こうして欲しいという理想があって、その通りにして欲しいために「教える」という事をやります。

 

概念や枠組みがない時は、そうやって教え込むということが必要で、そうしないと教えられる方も何をやっていいのか分からない。そういう時にはどんどん「教える」。理想に向けて、そのようにするために「教える」。

 

でも、先々の事を考えると、

 

次第に「教える」のを薄くしていき、教えないことを「教える」のがいいと思っています。

 

相手が “教わる”→“学ぶ” にシフトチェンジした方が、相手の成長が爆発的に伸びる。

 

そのためには「教える」ことをひかえていく方がいい。

 

自ら学ぶ楽しさを気付かせるように「教える」という感じ。

 

つまり、

 

「教える」には自分がない。無私。

 

そこには相手の成長だけ。

 

そういう視点で「教える」を意識すると、商品を買ったお客さんはとびきり喜んでくれるし、指導を受けたスタッフからはとっても感謝されて、自分も「教える」際のストレスがまるでない。無私だからね。

 

よって、

 

世界で「教える」が一番得意なのは日本人。そう思ってます。

 

自分よりも他人を優先するという民度の高さが基本的にはあるし、働く概念も「傍を楽にする」というものだし、近江商人が「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」の三方よしという心得に至ったのも、相手のことを想ったから。

 

だから、

 

そんな日本人は、相手の成長を考えた「教える」ということが得意です。

 

以前に、京都の大徳寺大仙院の尾関宗園さんこと桃林和尚とお話した時に、こう言ってました。

 

「教えるのではなく、教えさせていただくや!」

 

相手の成長のためにお手伝いさせていただくことが、教えるということなんだ。そして、教える方がたくさん学ぶから、得られるものが大きい。そうしたら相手にはさせていただくという気持ちになる。

 

和尚、解釈間違っていたらゴメンなさい。僕はそう思います。

 

まだまだ「教える」道は長いですが、引き続き進んでいこうと。

まずは今時点での「教える」についてでした。

 

それでは、またです。

弥栄

 

Well, till next time.

Let there be prosperity.

英語を学ぶ時のノートと筆記具の選び方 "What is the best notebook and writing supplies to learn English?"

f:id:hiroking1:20190218212734j:plain

 

Hello! This is Hirocky.

How're you doing today?

 

実は、英語学習において、形から入るというのはとっても大切だと僕は思っています。

 

中でも、「ノートと筆記具を何にするか?」は学習を始める際には重要で、この選択を間違えると学習効率が大幅に落ちます。

 

近年はEラーニングが流行っているので、スマフォやPC動画で学習できる便利な時代になりましたが、言語学習の場合は、やはり手で書くという手段を使った方が覚えやすく、記憶しやすい傾向にあります。

 

では何を選んだらいいのか?

 

ノートですが、基本的には毎日開くものです。その時に、自分の気持ちが高揚したり、モチベーションが上がったり、楽しい気分になるデザインのものを選びます。

 

サイズはB5かA4。あまり小さいと書きづらく、文字も小さくなるので使いづらいです。

 

高品質な紙のノートもおすすめです。きちんと書こうという気持ちになります。

 

また、ノートは同じものを2冊目、3冊目と使っていくのがいいので、最初からまとめ買いしておくのもいいです。

 

次に筆記具ですが、

 

できれば選んでほしくないのがボールペンです。

 

言語学習にいいのは鉛筆か万年筆。もしくは細い筆ペンです。

 

これらの筆記具は書く時に微妙に毎回角度調整をして文字を書くことになります。指先の感覚調整の動作が脳へのいい刺激となり、学習の相乗効果になります。

 

ちなみに筆記具には階級があって、筆→万年筆→ペン→ボールペンです。手紙を書く時、例えばお世話になった方には基本的には筆か万年筆で書くのがいいです。

 

これで気持ちよく英語学習スタートです。

 

それでは、またです。

弥栄

 

Well, till next time.

Let there be prosperity!

懐かしの富裕層向けビジネス "I did business for wealthy consumers as my first business a long time ago."

f:id:hiroking1:20190218204513j:plain

 

Hello! This is Hirocky.

How're you doing today?

 

2006年に起業した時に初めて取り組んだのが富裕層向けビジネスでした。最終的には大失敗して高い授業料となったわけですが、当時得られたものは大きくて、今の事業にもその時の知験が役立っています。

 

もともと僕は高級家具の販売から仕事がスタートしたので、顧客のほとんどが富裕層だったと思います。ではなにをもって「富裕層」なのか?という事なんですが、当時は定義はあまりはっきりしていなくて、各金融機関が数字上定めたデーターが一つの目安になっていたと記憶しています。当時は資産1億円以上の日本人が「富裕層」とされて約110万人でした。「そんなにいるのか!」と驚いたものです。

 

今でも世界的に富裕層はアメリカを中心に増えつつあり、アジアの中でも日本人の富裕層の割合は多いです。各社いろいろなデーターを出していますが、英国の不動産総合コンサルティング会社のKnight Frank社の「Wealth report」は昔よく参考にしていました。

www.knightfrank.co.uk

 

それまではセールスを中心にやってきたのですが、直接的に富裕層向け物販はリソース的にも厳しいと思ったので、メディアをやりました。紙媒体の富裕層向けインテリア雑誌です。

 

当時はR25に代表されるフリーマガジン全盛期。駅や街あらゆるところに無料雑誌が置かれていました。そこで、入手先を極めて限定的にして、富裕層が日頃利用する施設にだけ設置することにしました。結果、都内を中心に138箇所、30分野の施設に置かせてもらって毎月3万部発行のインテリア情報誌となり、この時点でのブランディングはまずまずの成功でした。

 

最初の設置に決まったのが、ヒースロー空港のラウンジがとってもかっこいいインテリアだったヴァージン・アトランティック航空の機内とクラブラウンジ。会長のリチャード・ブランソン氏が最初に手がけた事業が学生向けの情報誌だったという事もあり、勝手にシンパシーを感じて日本支社に訪問営業したら即刻OKが出てしまった笑。奇跡的なスタートでした。

 

メディアというだけでいろいろな場所に顔を出すことができ、新製品発表会も業種を超えていろいろ出ていました。中でも印象的だったのが、あるイギリスの家電メーカーの新製品発表会が「ザ・ワールド」という豪華客船の中で行われた事。世界を巡るこの客船がたまたま日本に寄港しており、“動く不動産”と名高い客船の船室をいろいろ見て回ることができて楽しかったです。

 

結局、この雑誌ビジネスは紙媒体の広告がメインの収益だったので、うまく多角化できないままリーマンショックを迎えてあえなく終了となりました。

 

この仕事の中でいろいろな富裕層の方々と出会う機会も多かったです。モノを買う判断基準、旅や食のスタイル、人付き合いやお金の考え方などの価値観が世の中の常識と全く異なっていて、とても興味深かったのを覚えています。

 

また、富裕層というのは大きく2つに分かれていて、みんな基本的にお金は持っているんだけど “富裕層的思考をする人” と “そうでない人” がいるんだという事も分かりました。

 

富裕層。僕はこの言葉は正直、あまり好きではないんですが、今後もビジネスをする上では大切な要素の一つと考えています。日本では、本格的な富裕層ビジネスはまだ公には発生していない感じがしています。

 

これから来年のオリンピックに向けて、世界中から富裕層がわんさかやってきます。彼らに対応できるものを用意できるかどうか。これもまたビジネスチャンスの一つと思います。

 

それでは、またです!

弥栄

 

Well, till next time.

Let there be prosperity.

英語とインテリアの関係性 "There is a relationship between English and interior."

f:id:hiroking1:20190209181440j:plain

Hello! This is Hirocky.
How are you doing?

 

僕は社会人初めにインテリアを。今は英語を仕事にしています。なんの脈絡もないと思っていましたが、最近あらためてその関係性がなかなか興味深いと思ってきたのです。

 

1990年代後半の大学3年の就職活動の頃。バブルが終わって就職氷河期と言われ始めた最初の頃。ネットもまだあまり普及していなくてポケベルとか持っていた時代。当時、僕は50通ぐらいの応募ハガキを企業に出して、試験と面接を受けて、受かれば内定がもらえるというステップをふみながら、商社を中心に面接を受けていました。

 

「海外を飛び回る仕事をしたい!」

 

漠然とした、淡いイメージの中での就職活動。

 

そもそも周りの友人達が銀行や証券会社などに内定が決まり始めていて、「よくその仕事をしたいと思ったものだなぁ。ほんとかなぁ。」と思っていました。

 

当時、自分がどんな仕事をするのか全くイメージがなかったし、仕事に興味もなかった。しょうがないから仕事を決めようという、当時はそんな気分でした。

 

自己分析というものをやればやるほど「ほんとかよ!」と自分にツッコミを入れたくなる。こんな面倒くさいことみんなやってるのか。。。

 

とりあえず、なんとなく興味があって、刺激的で、カッコ良さそうなもの。ということで海外の仕事を目指しました笑。

 

結果、30社ほど受けて最終的に決めたのが大塚家具。というより拾ってくれたのがここだった笑。以来18年間、職種や業種は変わりつつも全般的にインテリアに関わる仕事をすることになります。

 

結局、大塚家具では、海外を飛び回って交渉する仕事はなかったのですが、輸入家具の商品資料が海外から山ほど商品部に届いていたので、コツコツとその資料を毎日読み解いていきました。

 

英文だったので辞書を片手にかなり苦労しましたが、「布張りソファは"sofa"ではなく"upholstery"なんだ!」とか「象嵌装飾のことを"Inlay"と呼ぶのか!」などの発見があって、楽しかったです。 

 

接客販売も自然と外国の方を担当することになり、一旦ご案内を始めたら広大なショールームを2、3時間案内しなければならない問答無用のプチ海外留学。相手は外資系企業の重役クラスとか各国の大使とかあまりカジュアルな英語を話せないような雰囲気の方々ばかり。一方、僕は商品知識も何もない社会人ペーペーで英語は嫌いではなかったけど全く話せない。。。

 

思えば、英会話に関する基礎力と度胸はここで学べました^_^

 

そして、

 

インテリアは文化の一つということも分かってきて、

 

なぜそのデザインなのか?

なぜその材料なのか? 

なぜそこに置くのか?

 

などの理由が、歴史とスタイルから明確に決められているということも知りました。

 

そして、近代インテリアのルーツは英国ということも。

 

英国はおよそ17世紀から帝国として入植と貿易で領土を拡大し始め、全盛期には全世界の陸地と人口の約4分の1を版図に収めた史上最大の帝国だったと言われています。これ、すごいですよね^_^

 

その英国が、統治の際に利用したものの一つが「文化への憧れ」という概念でした。

 

ピカピカに磨かれたマホガニーが美しいカブリオールレッグと、アカンサスの模様でデザインされたダイニングボードやテーブル、チェアは権威と美しさを象徴するにはうってつけでした。当時の植民地の領主の館は、これら豪華なインテリアで装飾されていたようです。

 

そして英語もまた、"憧れを伴った文化の一つ" でした。植民地先の地域や国で英語を教えて学ばせることも統治戦略の一つだったと言われています。日本も戦後は、国語が英語になるかもという危機がありました。危なかったー(^_^;)

 

結果として世界中に英語が広まり、今では世界の4人に1人、約18億人が英語を話しています。

 

インテリアと英語は、両方とも新世界にとって憧れの文化でした。

 

そしてインテリアと英語は、英国が輸出に大成功した最高傑作と僕は思ってます。

 

もちろん他にも、英国の有名な輸出品はたくさんあります。

 

ビートルズ、デビッド・ベッカムの右脚、リチャード・カーティス監督など。

 

 

 

では、またです。

弥栄

 

Well, till next time.

Let there be prosperity.

 

英語の習慣化 "How should we make a good habit of learning English?"

f:id:hiroking1:20190125145546j:plain

Hello! This is Hirocky.

How do you do today?

 

1月21日の記事で、言語能力向上の視点から「自己成長」について書きました。今回はその続きです。

www.hirokky.com

 

さて、

 

言語習得で大切なのは継続することなので、学習の習慣化を自分でできるようになれば、英語は話せるようになります。とってもシンプルです。

 

では、どうしたら英語の習慣化はできるのか?

 

多くの日本人が、英語学習の途中でやめていきます。そしてまたやってみる。そしてやめる。

 

時々悩んだり、

 

頑張ってみたり、

 

でも結局、あきらめる。

 

僕も飽きっぽかったので、いろいろな英語学習教材に手を出してみましたが、やはり継続できませんでした。

 

「英語は嫌いではなかったけど、話せるようになりたい!」

 

大学では、授業の三分の一が英語を必要とする学部に入ったので、なおさらやる必要がありました。

 

周りはみんな優秀で、リスニング力も高い。

 

僕だけ英語が聞き取れない。。。

 

そんな劣等感に悩まされました。

 

浪人時代に英語をそれなりに頑張って勉強しましたが、リスニングはやらなかったし、やる必要もなかった。

 

大学に入って、めちゃめちゃ焦ったわけです。

 

しかたなく、英会話スクールに行っても、

 

アルバイトやサークル活動で行けなかったりして継続できませんでした。かなりの高額だったのに。。。

 

リスニングは試験の前に復習をしておけばなんとかなるし、今は他にやりたいことがあるしと、

 

いろいろな言い訳を当時はつくって学習から逃げていました。

 

また、

 

なぜだか本屋さんで英語の本を買った時は最高にモチベーションが上がっているのに、

 

家に帰ってくると本はそのまま。

 

翌日になると買ったことすら忘却の彼方へ。。

 

その繰り返しが続いていました。

 

しかも、

 

なまじっか英語が嫌いでもなく、海外旅行にもなんとか行って帰ってこれるレベルの英語力があったので、より真剣にやろうとは思いませんでした。

 

社内英語化がほぼ強制的に進んだと言われる楽天やユニクロなどの企業に所属していれば、TOEICをいつまでに何点取ればいいという期限と目標もできるので、比較的、英語学習の継続はしやすいと思います。

 

しかし、

 

明確な目的がさほどない状態で英語をやり始めると、大抵は挫折する傾向にあります。

 

 

 

野口悠紀雄さんは、著書『「超」独学法』の中で、勉強を継続するために必要なこととして下記4つを挙げています。

 

①はっきりした目的を持つ
②強いインセンティブを持つ
③勉強の楽しさを活用する
④時間を確保する

野口 悠紀雄(2018年)『「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ』 KADOKAWA.

「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ (角川新書)

「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ (角川新書)

 

 

もう、その通り笑。

 

特に、英語学習はその目的とインセンティブ(やる気を起こさせる刺激など)を最初に決めるといいです。

 

そして決めたら、決めっぱなしにせずにどんどん変化させていくといいです。

 

ほかに、僕が実際に学習継続のために効果的だと実感できたものとしては、

 

“毎日記録する”

 

日付と学習した内容をノートに書いていくだけです。

 

これはなかなか効果的でして、

 

おかげさまで僕は、英語以外に約30項目を習慣化できました。

 

自分が学習継続に成功した理由は「毎日記録を取ること」でした。

 

 

“学習の習慣化の為には、毎日記録する。”

 

 

コレ、おススメです。まずは簡単なところから。

 

それでは、またです。

弥栄

Well then, till next time.

Let there be prosperity.

 

 

ニースからカンヌ フレンチリビエラマラソンの旅vol.2 in 2016 "I had a great trip in Nice to join the French Riviera Marathon 2016."

f:id:hiroking1:20190124152819j:plain

 

Hello! This is Hirocky. How do you do?

こんにちは、ひろっきーです。

 

今回は前回の続き。ニースからカンヌ フレンチリビエラマラソンの旅vol.2です。

www.hirokky.com

 

さて、フレンチリビエラマラソンの前日を迎えました。

 

朝日を見て、ニースの街中を見てとすっかり観光気分でしたが、明日はレースという現実もあったので少し走り込むことに。

 

f:id:hiroking1:20190124152809j:plain海沿いの大きな道は走りやすく、11月というのに暖かな日差し。気分がだんだん盛り上がっていきました^_^

 

f:id:hiroking1:20190124152800j:plain風景の色がとにかく綺麗。いつも走っている湘南とは違う!

 

そして迎えたマラソンレース当日。

 

f:id:hiroking1:20190124152751j:plain本来はニースがスタート地点でしたが、その夏にニースで起きたテロの影響であえなく内陸部のスタジアムへ変更。この早朝の雰囲気、なんとなく日本のレースと似ています。

 

f:id:hiroking1:20190124152742j:plain

日本人どころかアジア人も見当たらず。完全にアウェー。。。ここでひるんだら負けだと思って、できる限りスタート地点近くにポジショニング。

 

そしてスタート!

 

f:id:hiroking1:20190124153018j:plain最初は手を振るほどの余裕がありました。

 

f:id:hiroking1:20190124153012j:plainでも、ゴール前は必死!!

 

f:id:hiroking1:20190124153002j:plain

そして見事完走!

「自分で自分をほめてあげたい。」本当にそう思いました。有森さん分かるよー。

 

f:id:hiroking1:20190124152950j:plain

f:id:hiroking1:20190124152940j:plainゴール地点のカンヌは穏やかな街並みとたくさんのクルーザー。しかし、マラソン後に元気に観てまわる体力もなく、すぐにニースに戻りました。

 

f:id:hiroking1:20190124153135j:plainホテルに戻ってから、近くのバザールを見て回り、

 

f:id:hiroking1:20190124153152j:plain

f:id:hiroking1:20190124153145j:plainマチス美術館(Musée Matisse - Nice)や、

 

f:id:hiroking1:20190124153126j:plainシャガール美術館(https://en.musees-nationaux-alpesmaritimes.fr/chagall/)で心洗われました。

 

f:id:hiroking1:20190124153419j:plain

f:id:hiroking1:20190124153410j:plain

f:id:hiroking1:20190124153427j:plain

f:id:hiroking1:20190124153359j:plainシャガールの「天地創造」のステンドグラスや壁画、絵画。全てが、愛に満ち溢れた感じ。まさに「All You Need Is Love.」。

 

「All you need is Love.」と言えば、

 

映画「ラヴ・アクチュアリー」のこのシーンを想い出します。 


Lynden David Hall - All you need is Love (Wedding Scene of "Love Actually", 2003)

 

話戻りまして、

 

f:id:hiroking1:20190124153350j:plain

シャガールの特にこの絵がすごかった。しばらくずっと前に立って観ることに。素敵な作品を残してくれたものだと、ただただ感謝。

脚はガクブルでしたが、心はいい気分のまま、その後はパリに人に会いに。

 

このフレンチリビエラマラソン。自分にとっては学びの多いマラソンレースでした。海外レース、いいものです。

 

さて、次回はどこに行こう?

 

 

では、またです。

弥栄!

Well then, till next time. Let there be prosperity!

 

ニースからカンヌ フレンチリビエラマラソンの旅vol.1 in 2016 "I had a great trip in Nice to join the French Riviera Marathon 2016."

f:id:hiroking1:20190122121021j:plain

 

Hello! This is Hirocky. How do you do today?

こんにちは、ひろっきーです。

 

今から約2年前の2016年11月、コートダジュールの海岸沿いを走るフレンチリビエラマラソンに参加するために初めてフランスのニースに行きました。今回は完全にその思い出話です。

 

2009年の秋、あらゆる点から自分を鍛え直そうという時期でもあり、その一つに選んだのがランニング。所属していた会社でランニング同好会があったので、それに参加させてもらいました。

 

それからだいぶ足腰が鍛えられて、フルマラソンの大会にも何度か出場して、ランニングが楽しくなってきた頃。海外レースに出てみようと思いました。

 

圧倒的にホノルルとかゴールドコーストなど楽しくて暖かい気候でやるレースがいいと思っていたのですが、ひょんなことから、あまり知られていないレースの方が面白そうだとエントリーしたのが、このフレンチリビエラマラソン  (French: Marathon Des Alpes-Maritimes)でした。

 

この大会、2008年に初めて開催された比較的新しいレースで出場者は毎年約1万人。コースはニースからカンヌまでの美しい海岸線。これなら楽しく走れそうだと思って。

www.marathon06.com

 

海外レースには、はて、どんな準備が必要なのだろうと調べてみると、まずは医者が発行する健康診断書なるものが必要と分かりました。これは所属している陸連に聞いたら、証明書を発行してくれるとの事で簡単にパスしました。

 

あとは現地に行けばなんとかなるかと思っていた矢先。。。

 

フランスの革命記念日を祝うニースで2016年7月14日に大型トラックによるテロ発生!!

en.wikipedia.org

 

 

。。。

 

 

なんてことしてくれてんねん!!

 

 

急いで大会のウェブサイトを見ると、「大丈夫。やるから11月に。」との様子。(大丈夫か本当に?)

 

9月も過ぎて大会まであと1ヶ月ぐらいの頃に、なにやらフランス語のメールで、スタート地点が変わったとの連絡が入る。(ほらー、やっぱり。いやいや、そもそも分からないからねフランス語!)慌てて日本語翻訳を外部に依頼。その後に英語版がだいぶ遅れてやってきました。

 

その後、大会のウェブサイトを見てもほぼフランス語。英語の情報が少しあるだけで、最新情報を手に入れるのに苦労しました。

 

その後なんだかんだで、

 

f:id:hiroking1:20190122125617j:plainようやくパリに着いて初TGVにおののき。(でかくて、やや汚な)

f:id:hiroking1:20190122133710j:plain田園風景に癒され。(フランスは酪農国家なのだなぁ)

 

ニースに到着!

嬉しさのあまり高台に登って撮ったのがこのブログの最初の写真です。エンジェル湾の夕日。

f:id:hiroking1:20190122121021j:plain

 

ああ、ニースに来たんだなという実感がありました。

 

 

f:id:hiroking1:20190122133652j:plain

f:id:hiroking1:20190122133701j:plain

ホテルはいちいちフォトジェニックで、

 

f:id:hiroking1:20190122133643j:plain翌朝の朝日も素晴らしく、

 

f:id:hiroking1:20190122133634j:plain街並みもいい感じ。

ここまでで、まだマラソンレースの前日。

 

長くなりそうなので、続きはまた次回に。

弥栄!

Well then, to be continued.

Let there be prosperity!

 

 

続きはこちら↓

www.hirokky.com